【便乗】他の人のミックスを聞いて学んでみよう【有料記事】

Learn More
【便乗】他の人のミックスを聞いて学んでみよう【有料記事】

【便乗】他の人のミックスを聞いて学んでみよう【有料記事】 

まずはこちらを紹介いたします。こちらを前提で進めますので、すっ飛ばすと以下の内容が理解できないかもしれません。

『春』コンテスト投票受付開始のお知らせ!|6スタ@6畳自宅スタジオ改造計画(仮)|note

5/22 23:00 追記)全てのデータを「個別」「全部」でダウンロードできるようにいたしました。※あくまで各音源をご自身の環境で視聴し投票に役立てていただくために開放しているものですので、それ以外の目的での利用を固く禁じます。 3月20日に以下のページでコンテストの告知をさせていただきましたところ、 …

なかなか 44 人のミックスを聴き比べることはないので、自分の勉強のために、どうやって他人のミックスから学ぶか、を自分視点で語ろうと思います。


視聴方法の選択

当たり前ですが、ある程度のグレード、環境を持っていない場合、ミックスを聞いても差がはっきりわからない場合もあると思います。

ですから、自分の一番の環境で聞いてください。

よほどの環境をお持ちではない限り、ヘッドフォン で聞いていくことが望ましいと思います。

そのあと、悩んだりしたら、スピーカーなり、フルレンジなり、スマフォなり、ヘッドフォン以外の出力で聞いてみるといいと思う。


選別を最初にある程度してしまう

なぜなら、44 の楽曲を全部は聞くことは、苦痛だと思います。ですから、ヘッドフォンである程度の音量でかつ、目指すところが違う、と感じた楽曲は後回しでいいと思います。イントロ、A、B、サビ、間奏等を飛ばしつつ、30 秒も聞けば十分かと。結局聞きたい、って思った曲以外、集中力が続かなくて聞けない。

44 のデータすべてを一度に聞くことは無いと思います。徐々に聞いていけばいい。ここではミックスを選ぶことではなくて、ミックスをどうやって聞くか、です。


他人のミックスの聞き方が出来ない人は多いと思う

結局どこに焦点を絞って聞くか、が難しくて。

できれば最初にマルチデータを聞いておく、リファレンス (ここでは実際のマスター音源) を聞いておくこと。大事。(和田さんのミックスをリファレンスとして聞かせていただきました。)

聞き方


実は、聞き方っていうのは大事で。ヘッドフォンを最初に使う理由は、細かなことに丁寧に向き合っているか、が重要になります。スピーカーだと気付きにくいところを聞けるようにする。


丁寧な処理を見抜く

曲の出だしとアウトロ。ピアノの独奏から始まり終わるのですが、ピアノのデータにはハムノイズがいるようです。あと、コンプやリミッター等でノイズフロアやハムノイズが持ち上がっているのはあまり良くないとは思います。あと、ペダルノイズとか、服が擦れる音? はいてもいいとは思います。(スナッピーノイズっぽいものが聞こえる) これらの処理が上手く出来ているか、は重要かもしれません。ただ、元データは許容範囲レベルだと思いますから、多少のノイズは問題ないかと思います。

0:25 あたりのベースとドラムとピアノの一体感。上手く修正している方が何人かいたと思います。

1:15 あたりのベースとドラムのリズムの掛け合い、このあたりのグルーヴ感? よくわかんないけど、上手くハネが聞いている感じ、若干もたっているような、ふわふわなリズムを修正できているような人が人がちらほら。

サビはばらつきが多少感じられる部分を丁寧にコンプレッサー等で一律感を出せている人? っていうのかな細かな設定をしているのではないかなーと勝ってに妄想。

1A も 2A そうなんだけど、ゴーストノートのゴーストノート感が出ている人は丁寧に処理しているんだろうなっていう勝手な妄想。あと音数が少ない A や B で楽器の音量感が一定でかつ、サビで音数が増えてもそのバランス感覚が変わらない人もすごいなーって感じです。


音の評価を勝手にしてみる。

上から目線で氏ねって感じにならないように善処します。

出だしのピアノは、近いけど、広い、みたいな人が多くて、素直にみんな上手だなって思いました。

そして皆さんのこの部屋感というか、リバーブ感? 広がり感? とボーカルの一体感を感じられるミックスでした。ピアノとボーカルが別々の場所で歌っているような印象を与えるのもありかとは思いますが、統一感がある方が自然かなーって思いました。

逆にドラムがドライ過ぎて浮いているような感覚を受ける場合もありましたが、ドラムはドラムで元々部屋なりが良い音なので上手く皆さん馴染ませていたと思います。


A メロ

ここはギターが入ってくるのですが、左右のバランス? ボーカルとギターの掛け合い? この当たりのバランス感覚が非常に歌を際立たせるか、が難しいような気がしました。ボーカルを決して邪魔しないけど、ギターいるよーっていう主張がわかるとなんか嬉しいですね。

あとピアノの伴奏があるのですが、これが非常に曲者かと感じました。音域が結構ベースとかギターに被っている感じがしたので、ピアノさんの配置は難しいのではないでしょうか?


B メロ

ワウのギターが曲者のようだ…それ以外は私もよくわからない。


サビ

音数が多いので大変だと思う…それ以外は私もよくわからない。


Interlude (間奏) Guitar Solo

ここはギタリストの見せ所では? 私もどうしたらいいかわからない!


転調すること

壮大さを演出出来る人すごいなぁって、思って聞いてました。私もよく分かりません。

単体で聞いていく


もちろん 2Mix の中を覗いていくようなイメージで単体の音を探していく。


ボーカル

皆さんそのまま利用されている気がします。U67 復刻って No EQ でいけますね。多分。(若干シェルビングは必要かとは思ったけど。)

あとハモの感じが広がっている人が多いですね。正直コンプとかは聞いてもよく分かりません。


ピアノ

基本的に全編に登場するので、このピアノが一番この曲にとって大事な楽器なのかな、って勝手に思いました。だからこのピアノがどのように曲にとって演出を加えるのか、千差万別の良さがあったと思います。


ストリングス

いやー本当に私もよく分かりません。サビでかっこよく聞こえるのがいいと思いますが近すぎると、うざいなーって感じました。絶妙な距離感を演出している人はすごいなーって思いました。あとはチェロの音とか聞こえたりすると、お? って思いました。


ギター

完璧にボーカルと帯域被っていたので、絶妙なバランスで配置、フェーダーバランスしている人すごいなーって思いました。

あとギターソロの演出とかギタリストは上手なんだろうな〜って感じで聞いてました。


ベース

Sub みんな補正してた気がする。それくらいしかわかんなかった!


ドラム

難しいよね。多分このドラムは重心が低いので、正解がよくわかんない。

バランス


全体的に皆さん、中域に寄っているか、高域に寄っているか、低域に寄っているか、見事に特色が出ていたと思います。レンジが広いっていう楽曲は少なかったと思います。

マスターコンプやマキシマイザー、リミッター具合でこのバランスが決まるので、マスタリングまで自前でやっていた人がいるのかよく分かりませんが、そこまで出来ている人がちょっと強くないですか…?

ただ、マスターコンプなのかリミッターの影響なのかわかりませんが、音数が増えると音が引っ込む、音数が減ると音が急に飛び出すミックスはかなり多かったので、マスター処理ってマジで難しいんだなーって再確認しました。

あと、広がりっていうか、配置がやっぱ違和感を感じるのは多かった印象です。ステレオワイドなミックスは極端に少なかったと思います。

1-44 のミックス批評


個人的なミックスに対する批評を行いました。読みたい方はご購入してください。非常に個人的な内容ですので、1,000円分の価値はないかもしれません。怖いもの見たさで購入してください。この記事を読んで、損したと思っても、私は一切責任を負いません。

ミックス批評を読みたい方はこちら

6,959文字

記事を購入する

44 のミックス批評
¥ 1,000

記事を購入される方へ

Stripe の API を利用しているため、NK Productions がカード情報などを扱うことは一切ございません。

VISA / MASTER には対応していますが、JCB には非対応です。

記事が購入出来なかった、購入したが、記事にアクセスできない、購入記事のアクセス方法がわからない等ありましたら、ご連絡ください。

ご購入された方へは自動メールでコンテンツ URL を配布しております。メールアドレスはお間違えないようによろしくお願い致します。また迷惑メールフォルダやスパムフォルダを含めご確認ください。

ご購入内容のメールは再発行できませんので、必ず保管していただくようにお願いいたします。

POST DATE:
CATEGORIES:
TAGS:
  • 書いた人: Naruki
    レコーディングエンジニア
SNS Share