Apple M1 Chip 搭載機で動作しないオーディオデバイスを動かす方法

Learn More
Apple M1 Chip 搭載機で動作しないオーディオデバイスを動かす方法

Apple M1 Chip 搭載機で動作しないオーディオデバイスを動かす方法 

Apple M1 Chip 搭載の Big Sur ではドライバインストールが不可能であったりするなどして、動作しないオーディオインターフェイスがあります。

USB Class Compliant に対応した 2in/2out 系のオーディオインターフェイスは従来どおり使えることはドライバが必要ないから、動作確認が取れているものが多いですが、以下の手順でこれを回避できる可能性があります。

すべてのオーディオインターフェイスが成功する保証はありません。もちろん Big Sur 環境上でドライバが動作するという前提で、ドライバインストールを実行する手順をお教えします。

手順



1. システム環境設定

まず、「システム環境設定」から「セキュリティとプライバシー」を開き、左下の南京錠をクリックして、パスワードを入力して機能解除します。

そして、コンピュータをシャットダウンします。


2. 起動オプション

本体の Touch ID または電源ボタンを長押しして、起動システムを立ち上げます。(10 秒は長押し)

オプションをクリックして「続ける」をクリックしてメニューに入ります。


3.起動セキュリティユーティリティ

画面左上のメニューから「ユーティリティ」

そして「起動セキュリティユーティリティ」を選択しクリック。


4. セキュリティポリシー

「低セキュリティ」を選択して、下2つのチェックを入れて「OK」を押します。

パスワードの入力を求められるので入力します。

「OK」を押してポップアップが消えたら 1、2 分ほど処理が終了するまで待ちます。

処理が完了し、ポップアップが閉じたら左上の  メニューから再起動してください。


5. 再起動後のセキュリティ設定

コンピュータが再起動したら、ドライバインストーラーを起動して、利用したい製品ドライバをインストールしてください。

その時、「システムの拡張はブロックされています」のようなポップアップが出ます。

そこに「セキュリティプライバシーを開く」のボタンがあるのでクリックします。

すると以下の画面が表示されます。

左下の南京錠をクリックしてパスワードを入力し、「許可」をクリックしてください。

上記のポップアップが表示されます。指示に従い、再起動してください。

完了


再起動後、デバイスをコンピュータと接続してみてください。動作するはずです。

もちろん Big Sur に対応しているドライバであることが前提です。

私の使用している Antelope Audio デバイスはすべて問題なく動作しています。

POST DATE:
CATEGORIES:
TAGS:
  • 書いた人: Naruki
    レコーディングエンジニア
SNS Share