たまには映像の話でも。

Learn More
たまには映像の話でも。

たまには映像の話でも。 

映像の撮影編集もしてます。


私は音の編集だけではなくて、映像も業務レベルで撮影できますし編集できます。多少は AfterEffects 触れるので VFX も少しできます。が、超面倒だし DTM 以上にコンピュータスペックを要求されます。はっきり言って嫌いです。ミックスより嫌い。ただ、カラコレとかグレーディングは好き。RAW とか ProRes 編集は楽しいし、映像撮影が好きになるよ。ただ、激重。

んで、3月3日 は自分の誕生日だったんですね、雨降ってましたが、三浦半島の先っぽにある水族館に言ってきました。イルカショーとか見てきました。良かったです。んで、そこでハイスピード撮影をね、してきました。

Youtube では Slomo guys という超ビックアカウントがありますが、それよりは実用が 120 fps くらいのやつです。スポーツですごいやつになると 300 fps くらい。そんなのは一般人は持てません。

Post Production 4K Slow motion video

4K 60p とかいう、もう私の Mac ではほぼ再生不可という素材で編集しています。中には 120 fps、240 fps というハイスピード映像が混じっています。イルカショーのところは、すごいスローモーションです。

気づく方もいるかも知れませんが、素材によって映像の綺麗さが違うと思います。とくにハイスピードシーンは色が薄いです。ハイスピードで撮影すると、映像が劣化するんですね、4K 60p などで撮影しているシーン、とくにペンギンさんの映像は色が濃く鮮やかに撮影できています。

とにかく、ハイスピード撮影は楽しいです。水しぶきなどがきれいに撮れていたので満足です。この映像は趣味で作っているものだし。旅行の写真とか撮っても現像しないなら映像で残そう、として始めたものです。

でも、映像も言えるんですが、やっぱ最終的に機材のレベルが上がれば、映像の質が上がる…というものでもないんですね。。。魅せ方とか、グレーディングとか撮影方法とか、結局、音楽と似てます。ただ、映像の場合、規格切り捨てがあるので、機材をずっと使えないというがあります。BMPCC 4K 買おうか悩んです。

CATEGORIES:
TAGS:
  • 書いた人: Naruki
    レコーディングエンジニア
SNS Share