勘違いしないための DAW 検証の話

Learn More
勘違いしないための DAW 検証の話

勘違いしないための DAW 検証の話 

これは Twitter で適当なことを言ってしまった責任も兼ねて補足する記事となります。

※ あくまで Studio One 4 と 5 の間の DAW 上の話で、検証方法によってはいくらでも音質の差異を検出することは可能です。これはあくまで一定条件下での結果です。

前置き


DAW のバージョンで音が変わるという意見は、私は肯定的です。DAW メーカーは音質向上が見込まれると、音質向上が見込まれることをマーケティングする場合もあります。しかし、バージョンが更新されたからと言って必ずしも音に変化があるとは限りません。

開発主観の簡単な理由として、オーディオエンジンはバグフィックスや機能が追加されたころで影響を受けません。これは修正や機能追加するたびに DAW の音が変わっていたら、正直、設計に重大な欠陥があると同義です。

もちろん、聴き比べて、聴感上は「なんか違うな」って私も感じます。音が変わった、その意見には同意できますし、違うと発言すること自体には納得します。

ただし、明確なエビデンスを提示した人は私が知る限り、一切、存在しません。それが DAW のバージョンアップの影響であることを裏付けた人は見たことがありません。

言うは易しですが、僕はエンジニアより DAW メーカーを信用しているというスタンスで、自分の耳ですら信じていません。音の違いは DAW からくるものではない、そういう主張です。証拠が欲しいんだよ。

検証方法


簡単です。それぞれ同じデータを Studio One 4 と 5 上で書き出して、片方を Invert すればいいのです。

いくつか検証を行いました。


条件 1

ステムを 0 dB で並べて DAW 上の機能、Mixdown で書き出しして ProTools 上で確認。


条件 2

ミックスバランスを変えて、それぞれの DAW 上で同じ設定のまま、Mixdown で書き出しして ProTools 上で確認。

結果 条件 1


Mixdown で 差異は全く検出できず

つまり Mixdown のエンジンには変化無し。

ちなみに信号をオーバーフローさせるとノイズが検出できた。

Twitter ではフロアノイズとかディザーとかいろいろ考察しているけど、厳密な理由は全くわからない、音的にオーバーフローが影響しているのは間違いなさそう。(条件 1 の場合)

信号をオーバーフローさせていかないと検知できない差異は人間では知覚できません。なにが我々に音の差を伝えてるのか。DAW の書き出しデータの違い以外に存在する ということである。

結果 条件 2


先に結論だけ書く。音質差は発見できなかった。


解説

各 DAW でステムを同じ様に調整し、Mixdown し、ProTools 上で Invert して差異を検知。

この差異を書き出しして、ほぼ同じレベルまで信号を復元。

これ、元データはものすごく信号が小さい。それをフロートなのでミックスレベルと同等まで復元した。完全にミックスを再現してしまった。

検知できた極小の信号はミックスバランスを再現した。


音が違うってことでは?

まぁそう思う人多いよね。通常、Invert して信号の差異を検知出る場合、原音と同じような音を再現できない。

似て非なる信号の場合、差異がある部分だけ音が再現される。例えば高域に音の違いがある場合、検出できる信号は高域の部分。低域が違うなら低域の部分などなど。

しかし、今回検出できた信号は、復元するとミックスバランスを完璧に再現した。

再現した信号を各ミックス信号とレベルを合わせていくと、打ち消し合った。つまり、音量差を検知していたに過ぎない ことを証明してしまったのである。


DAW 上で違うのはフロートの音量処理の違い

あくまで実験上から導き出される仮説であるので、話半分に聞いてほしいが、Version 違いで音が違うということは厳密に言って無い (条件 2 の場合)。しかし、音量制御に差があるようだ。

しかし、その音量がどれくらい違うか、というと Total RMS で言うと -90 dB である。つまり、通常の音量で聞いている人間には聞き分けは絶対に不可能でしょう。

0.01 dB 以下の音量制御がデジタル上は不可能だったのでもう少し厳密に音量制御したら完全に打ち消し合う可能性があることを補足しておく。

データや理論から推測するに、DAW の Version で音が違うという証拠は見つけられませんでした。つまり今回の条件では音質変化は見つけられませんでした。

まとめ


勘違いしてほしくないのは、私も検証で使った信号を聴き比べても聴感上、差を感じます。なんか違うんです。低域の量感化とか違うんです。でも検証やデータ、数値上ではその差は見つからないんです。

些細な違い自体は見つかるものの、DAW の音質変化とは関係のない違いでした。音の違い自体は経験しているので疑いようもないのですが、DAW のバージョンで音が変わった、って証拠は見つかりませんでした。

あくまでも個人でできるレベルの検証で、厳密なことではないので、戯言程度に話を流して下さい。音の違いを検知できなかっただけで違いはある可能性があります。ただし、あったとしても人間が厳密に聞き分け出来る差ではないことでしょう…。

僕より厳密な検証をしてくれる人がいれば僕の主張が間違っていることを確認してほしいです。

POST DATE:
CATEGORIES:
  • 書いた人: Naruki
    レコーディングエンジニア
SNS Share